メニュー
しゃあく
管理人
トレーディングカードゲームが大好きでコレクターをしている『しゃあく』と申します。コレクター目線の記事をメインに書いていきたいと思います!
ポケモン最新作11月18日発売(プロモ付き) » 移動

ポケモンカード旧裏を売るならどれ?【高額ランキング】

子供から大人まで魅了するポケモンカード、1997年に発売され25年になりますが未だに人気が高く特に旧カードを「旧裏」と呼ばれ、コレクターの間で高額取引され10万円以上する高額なものが登場したりするので、自分や家族、友達が持っているカードがいくらで買い取りできるか興味ありますよね。

そこでどんなカードが高額で売買されるのか、今はあんまり興味ないけど昔持っていたカードが家のなかで眠っていて、それがとんでもない価格で買い取り出来るかも知れません。

この紹介記事を読んで自分の家に保管されている古いカードを早速探してみる人もいるかも知れませんので旧裏カードをランキング形式で紹介します。

目次

ポケモンカード旧裏が高額取引される理由

ポケモンカード旧裏は2001年で販売が終わり、それ以降は世界共通の裏面デザインになりました、その影響により旧裏カードは公式戦で使用できなくなり、店舗で開催される大会や個人の間で競いあうだけになり対戦目的からはずれ、コレクションとしての価値が高まりました。

そのおかげで市場に出る枚数が減り、一層コレクターの間で人気が上昇し現在のように希少性の高いカードが高額で取引されるようになりました。

高額買取されるカードとは?

ポケモンカードには3種類があります、旧裏面、新裏面、海外版で国内の旧裏面は濃いブルーのデザインで「ポケットモンスター」と表記され、新裏カードは海外で「ポケモン」と英語表記しています。

海外でポケットモンスターという言葉は、スラングで男のシンボルという隠語にあたるのでポケモンと英語で表示しています、ですので英語圏の人の前で「ポケットモンスター」って言わないでくださいね。

高額買取されるカードはどんな種類?

旧裏のデザインは2種類

  • ポケットモンスターカードゲーム(1996年発売)
  • ポケモンカード★neo(2000年発売)

特に初版の第一弾拡張パック出荷カードは希少性が高く、人気があります. それに加えて大会の景品として配布されたものや雑誌の付録等のカードも希少性が高く高額取引されます。

見分け方として、カード右下にレアリティマークがありません、「レアリティマーク」というのは●、◆、★のようなマークが右下に付いてますが、旧裏カードには有りません、さらに「エキスパンションマーク」というどのシリーズに収録されたかを示すマークでカード中央右下に印刷されています。

あとプロモーションカードという限定品もありますが多く種類があり、各カードで調べる必要があります。

高額買取されるコツとは?

まず、やはりカードの保管状態が大事で傷や汚れ、曲がっている等それだけでカードの査定価格が下がりますのできれいな状態を保つため、ハードケースや表紙の堅いファイル等に入れておくのが良いでしょう。

ほかにもシリーズやレアリティに分けておくのも買取査定で見落としを防ぐことやスピードアップにも繋がりますし、管理もしやすくなるのでおすすめです些細なことで査定額が少なくなるのは避けたいですね。

高額買取の方法は?

買取の方法としては、実際の店舗に持ち込むか、ネットや宅配、郵送による買取があります。

【店舗】

店舗で買取する場合はトレーディングカード専門店に絞ってください、専門店はスタッフも知識豊富であるため適性価格で買い取ってくれるからです、また店舗によって色々なキャンペーンしているところもあり、「期間中、買取価格〇〇%アップ!」と、このような期間限定でキャンペーンを開催するお店を発見した場合は要チェックして利用するといいでしょう。

【ネット】

ネットの場合、同時に何か所で査定してもらうことが可能ために一番高く査定しているところを探すことが可能です、店舗でお店の人と会話することなくスムーズにやり取りできるのもメリットです、もう一つフリマアプリを利用して売買できますが、価格交渉がやや難しいですが上手に交渉出来れば高価格で売買できる可能性があります。

ネットやアプリの場合梱包は丁寧にして下さい、 梱包をする時に緩衝材を入れると、カードが運送中に傷や変形を防げるので安心です。

ポケモンカード旧裏、買取価格ランキング

ここでポケモンカード旧裏の買取価格をランキング形式で紹介します。

市場に出回っている物を中心にランキングしています。

1位 ガルーラLV.38

1998年にガルーラ親子大会で大会上位者に配布されたプロもカードで市場に34枚しか無いと言われる非常にレアなカード、お宝なんでも鑑定団に出品され100万円を超す超高額の値段がついたいわくつきのカードです。

2位 初版リザードンLV.76 

海外で人気が高く、再販では「かえんポケモン」と表記されているが、初版では「かいりきポケモン」と誤表記されてそれがかえって高額になった。 これも初版では100万円越えの価格がついた。

 

3位 コイキングLV10(タマムシ大学ハイパー博士試験)

1998年に雑誌のタマムシ大学試験の優秀者に限定で1000枚配布されたプロもカードです。 これもフリマアプリにおいて100万円で取引された高額カードです。

ひかるライチュウLV.31

ひかるコイキング LV.11(星マークなし)

ラッキースタジアム(ハワイ)

ファンクラブイーブイ LV.7

ファンクラブポリゴン LV17

ひかるリザードン LV.61

こうして見るとひかるシリーズは根強い人気を誇っているのが分かります。ひかるシリーズは通常と違い、色違いとなっており希少性が高く高額取引されています。

まとめ

ポケモンカード旧裏の買取価格についてまとめましたがどうだったでしょうか?

20年以上前のカードが今でもこんなに高額で取引されている事に驚くばかりですがひょっとしてあなたの家のどこかにお宝のカードが眠っているかもしれません。

ポケモンカードに限らず、ポケモンというコンテンツが世界中で愛されているというのは確かですね。

今はそんなに価値が無いと思っていても10年、20年経ってから驚くような値段がつくと思うと大切に保管したほうが良いかも知れません。

コメント

コメントする

目次